永久脱毛するならココ!仙台のお勧めクリニック

今や、男女ともに清潔感や身だしなみの手段として、永久脱毛のニーズが高まっており、特に医療レーザー脱毛が最も人気です。

脱毛に色々な方法がありますが、自分で脱毛を行う場合、肌トラブルを起こしてしまうケースが多いようです。

例えば、毛抜きでムリに毛を引きにいたため、開いた毛穴から細菌が入り、色素沈着や埋没毛、黒ずみなどが生じてしまったり、剃
刀負けや繰り返しのシェービングによる万年肌荒れ、青髭など、自己処理の期間が長ければ長いほど、こういったトラブルは多くな
るようです。

こういったトラブルや脱毛の手間から解放され、確実に効果的な脱毛を受けたい方には、きちんとしたクリニックで、脱毛のエキス
パーに任せ、「永久脱毛」を受けることをお勧めします。

そもそも、「永久脱毛」は、皮膚科、美容外科、病院、クリニックなど医療機関で医療資格のある者によって行われる医療レーザー
脱毛だけであるという事実をご存知でしょうか?(厚生労働省の定めにより、医療機関以外の永久脱毛は違法行為となります。)

実際、エステサロンで行われている光脱毛などは、医療脱毛レーザーに比べ、照射パワーが弱く、一度の施術効果が低いため、結局
は何度も頻繁に通わなければならなくなったり、火傷、訴訟などトラブルも多発しているようです。

本当に、効果的で安全な脱毛をするのであれば、脱毛効果が高く、安心して永久脱毛をできる質の良いクリニックを選ぶことをお勧
めします。

今回は、大阪で効果的な医療レーザー脱毛が安く、安全に受けられるという「湘南美容外科クリニック 大阪院」について紹介させ
ていただきます。

■湘南美容外科クリニック 仙台院

脱毛来院患者数が日本一という湘南美容外科の医療レーザー脱毛の特徴は、最新の機器を使用した、安心、安全でかつ太く濃い毛に
も高い効果の脱毛です。

一度の施術効果が高いため、効率的で、平均するとエステサロンの1/3程度の施術回数で済みます。
照射の際、何らかのトラブルがあった場合も、プロの医療スタッフがすぐに処置をしてくれるという安心感もあります。
初心者の方には、ドクターによる無料カウンセリングやプライスオフキャンペーンもやっております。

<湘南美容外科クリニック 仙台院へのアクセス方法>

JR地下鉄仙台駅東口を出ますと、「BIBI」(ビビ)という商業施設があり、その向かい側に交番があります。「BIBI」と
交番の間の道を50mほど直進すると右側にある「アーパンライフ橋本」というビル(1階に土風炉という居酒屋が入っています)
の2階になります。

脱毛で後悔しないために・・・

脱毛で後悔ってしたくないですよね。
女性、男性でも後悔の種類が異なると思いますが、女性でよく聞くのが、
脱毛しない部位を残してしまって後悔した。
脱毛でヤケドになってしまい治るまでに時間がかかり、痛かったので後悔した。
サロン脱毛に行っていたが本格的にしっかり脱毛したくなり、
途中で医療脱毛に変えたのでお金が余計にかかってしまい後悔した。などです。

ブライダルがきっかけで脱毛を決める方も多いようですが、
ブライダルの脱毛コースには式の時に露出する部分に特定されていることが多いです。
ブライダルコースで脱毛した部分はムダ毛の自己処理から解放され、
あまりの楽さにこんなことなら他部位もすればよかった。
ということになりがちなんです。

式のための脱毛は完了したとしても、結局しなかった部位の自己処理はムダ毛を気にする限り永遠に続くのです。
先のこともよく考えてコースを選択した方がお得なこともあります。
ただ、脱毛はあくまで美容のためですので無理なく払える範囲にするべきです。

脱毛では火傷のリスクは常に付きまといます。
医療脱毛にしろ、サロンでの脱毛にしろ、光や熱のエネルギーを利用して毛根にダメージを与えるので、仕方のないことなのです。

施術する側は常にお客様の火傷に細心の注意を払っているものですが、
肌質は人それぞれであり、中には火傷の症状が出てしまう人もいます。
クリニックやサロンで脱毛をされる場合にはカウンセリングでも丁寧に説明があると思いますので、
肌の弱い方はレーザー等の出力を弱くしてもらうなど自己防衛の意識を持つことが大事です。

また、医療脱毛は医師の監督の元行う脱毛ですので万が一火傷を負った場合は医療処置を受けることができます。
しかし、現在は、皮膚科と提携するサロンもあるようですが、基本的には脱毛サロンはあくまでサロンですので
医学的な処置ができる資格を有するスタッフはいないのが通常です。

最後に脱毛サロンでなかなか脱毛の効果が得られなかった場合です。
サロンでの脱毛に使用する機器は出力が医療脱毛に比べて弱いため、どうしても効果が出にくくなってしまいます。
ちょっと薄くなり自己処理が少し楽になればよいという程度であればサロンでの脱毛でも十分です。
しかし、それ以上の効果を求めるのであれば初めから医療脱毛にした方がよいでしょう。

医療レーザー脱毛では毛根を破壊するので、毛が再生してくる確率はサロンでの脱毛に比べ非常に低くなります。
医療レーザー脱毛を完了した部位でも、たまに毛が生えてくることはあります。
しかし処理をしたのに煩わしいと思うほどの毛が再生してくることはほとんどないのが通常です。
医療レーザー脱毛の料金比較

光脱毛の仕組みとは?

脱毛方法で光脱毛とか色々耳にしますが実際どういう仕組みで
ムダ毛に働きかけているのかわからないことって多いですね。

光脱毛(フラッシュ脱毛とも言います)は言葉のとおり、
脱毛したいムダ毛の部位に光を当てて毛を処理する脱毛方法です。
一般的に脱毛サロンで行われている方法はこの光脱毛によるものです。

光脱毛では、毛の黒い色素であるメラニンに吸収されやすい波長の光を
使用しています。
光線を照射するとメラニンに光が吸収され、光のエネルギーが熱エネルギーに変換されます。
すると、毛を作り出す毛根にダメージを与えることができるのです。

ダメージを受けた毛根から生えてくる毛は徐々に細くなっていきます。
毛根にダメージを受けることで毛を作り出す能力を徐々に失っていくためです。
そしてさらに処置を継続していくと、毛根が壊れ、毛を作り出す能力完全に失います。
また、毛根にダメージを与えることで毛の生える周期が変化しますので、
以前よりも毛が生えてきにくくなったと感じることができます。

脱毛をしていく過程で毛が細くなって行くのがわかりますし、
引っ張ると抜けやすくもなっていきます。
ただ、生えてきた毛を抜いてしまうと光が反応する部分がなくなってしまうので、
サロンに行く予定の直前に毛が生えてきても抜いてはいけないですよ。

また、医療脱毛のレーザーとは異なり、痛みが少ないのも特徴です。
出力されるエネルギー量が少ないためです。
もちろんその分医療脱毛に比べ効果は出にくくはなりますが、
肌の弱い人でも受けやすいですし、肌へのダメージも少なくなります。

ですので、短期間で効果を出したい人にとっては光脱毛は向いていないかもしれません。
しかし、ある程度長期間になっても肌へのダメージが少ないほうがいいという方や、
毛が生えてくるサイクルを遅くし、ムダ毛を気にする頻度がへってくればよし。
という方には気軽に格安な金額で通えますので光脱毛が向いていると言えるでしょう。

子供が毛深くて悩んでいるなら脱毛もあり?

子供に言われた一言って結構重く心に残りませんか。
子供って思った事をそのまま、素直な自分の表現で言うので、
良くも悪くもストレートに心を貫くんですよね。

実は、私にもその経験があります。
しかも、自分が言ってしまった方の記憶です。
うちの母方の家系はホクロが大きくなりやすい体質です。
ガンとか病的なものではないのですが、
子供の頃、お風呂に入った時に、母親の肩に大きなホクロを見つけ、
「これどうしたの?黒くて大きくて気持ち悪い。」
など、言い方は忘れてしまったのですが、そんな事を母親に言ってしまいました。

その後、母親は私の知らない内に、外科でホクロ除去の手術を受けに行っていました。
母が手術を受けに行っていた事を知ったのは、なんとそれから20年後です。

酷いことを言ってしまい本当に母には申し訳ないと思っています。
しかし、母は子供に言われてショックだったけれど、自分でも気にしていたからこそショックであったわけで、
その言葉でホクロを取りたいと思ってずっと悩んでいたけど思い切る事ができたとも言っていました。

子供の言葉で脱毛を決心した人もいます。
私の幼稚園からの幼馴染は「お母さんの腕、ジョリジョリしてお父さんの髭みたい。」
と息子から言われ、脱毛を決心したそうです。

息子に言われて、本当に友人はショックだったそうです。
娘は自分の味方・仲間という感じですが、息子って小さな恋人みたいなものなのだそう。

よく、女性が彼氏と腕を組む時、ムダ毛に気づかれるのが嫌だから脱毛したいなんて
言っているのを聞きますが、友人もそんな風に小さな恋人に悟られるのが嫌だという気持ちが
あったのかもしれません。

しかし、毛や、ホクロはまだかわいい話ですが、親が子供の前で気にしてしまうそぶりを見せると、
子供も同じことを気にするようになってしまうような気がします。
例えば人からどう見られているか気にしすぎて自分が出せなくなってしまったり、
権力や地位にこだわり過ぎてしまったり。

私は子供の前では余計なことには気を囚われない、どんと構えていられる母親になりたい
と日々夢見ていますが、まずは結婚なんですよね~。

宮城県仙台市といえば

先日無性に牛タンが食べたくなり、仕事で池袋へ行ったついでにサンシャインの中に
入っている牛タンやさんへ行きました。
昼時からは少しずれていましたのですが、15分並び、注文してから10分待ち。
さすがサンシャインですね。しかし、待ちに待って食した牛タンは本当に美味しかったです。

今は支店も出来たりインターネットで簡単に注文もできて、
自宅でも日本だけでなく海外の食べ物もお取り寄せできちゃう世の中です。
でも、やっぱり、名物品はその土地に行って、町や風景を楽しみながら食べるのが一番の贅沢かと思います。

牛タンと言ったら私は宮城県仙台市を真っ先に思い浮かべます。
でもなぜ仙台の御当地食べ物が牛タンかというと、ちゃんと歴史があるのです。

そもそも佐野啓四郎と言う男性が、牛タン焼きの専門店を開業したことから仙台の牛タンが広まりました。
佐野氏は20代(昭和10年ころ)の時、東京で料理修行をしており、
その時にフランス人シェフより牛タンの料理を学んだそうです。

その後佐野氏が独自に、タンを薄切りにして塩焼きするという調理法を考え出しました。
佐野氏が牛タン焼きを考案してからすぐには世間に広まることはありませんでした。
しかし、高度経済成長期になり、仙台へ人の流入が増え、仙台で牛タンを食べた人から口伝いに牛タンの話が広がり始めます。
そうしてテレビなどで取り上げられるようになり全国へ周知される料理となりました。

現在は地産地消の観点から、地元産の和牛の牛タンを出しているお店もあるようですが、
牛タンのほとんどが実は輸入品です。
そのため、牛タンを仙台名物とか御当地グルメというのはどうなの?
という声もあるようです。

しかし、御当地グルメとはその土地の独特の食材はもちろん独自の調理法で作られた料理をさす言葉でもあります。
佐野氏が考案した牛タン焼き、仙台市の御当地グルメだと言えますよね。